パワーストーン

パワーストーンブレスレットが切れた意味とは【心配無用】

パワーストーンブレスレットが切れた意味ってあるの?

パワーストーンブレスレットが切れたけど、修理しても効果がある?

パワーストーンブレスレットが切れたので処分の方法を教えて。

こういった質問をよく受けます。その回答が下記。

質問:パワーストーンブレスレットが切れた意味ってあるの?

回答:はい、あります。まとめますね。

質問:パワーストーンブレスレットが切れたけど、修理しても効果がある?

回答:時と場合に応じてになります。判断の仕方も書きます。

質問:パワーストーンブレスレットが切れたので処分の方法を教えて。?

回答:はい、適切な処分は自然に戻すです。自宅でもできる方法も教えますね。

不吉なことが起こるとかはないので、安心してください。

結論からいえば、パワーストーンブレスレットが切れたのは、身代わりとなり守ってくれた証です。

本記事では、パワーストーンブレスレットが切れた意味と修理後も効果があるのか?処分方法、についてまとめていきます。

記事の信頼性に関して
私もパワーストーンを10年以上付けていて、何度も切れた経験があります。

身代わりとなってくれたり…ゴムの劣化が原因だったり、いきなり切れてしまったり…。

パワーストーンブレスレットが切れた意味や、修理後の効果のあるなし、適切な処分方法まですべて解説します。

パワーストーンブレスレット(数珠)が切れた意味とは?

急にパワーストーンや数珠などのブレスレットが切れるとビックリしてしまいますよね。

不運をもたらす前兆…
願意、願いが叶わない?
不吉…なにか嫌なことがあるの?

など…。何か意味があるでは?と思ってしまうものです。

パワーストーンブレスレットが切れたのは、身代わりとなってくれたのか?ゴムの劣化なのか?

わかる方法があります。すべて解説していきます。

パワーストーンブレスレット(数珠)が切れた意味とは?

  • 身代わりとなり切れる
  • 願いが叶う前兆で切れる
  • ゴムの劣化で切れる

 

身代わりとなり切れる

パワーストーンブレスレット(数珠)が切れたのは、身代わりになってくれたと考えます。

「気をつけなさい」「厄を除いてくれた」とも考えております。

それは、身に着けている方と石達がリンクした証です。

「パワーストーンブレスレット(数珠)が守ってくれた・不運を落としてくれた」と、良い事だと思って頂ければと思います。

強烈な邪気が原因

風水では邪気を吸い込む事で、石の質感が変わったりと、ゴムが切れ、形に現れる場合があります。

「邪気から身を守ってくれた」身代わりとなって切れたと考えます。

体調が原因

体調が悪い・ストレスを溜め込む日が続くと、身代わりとなりパワーストーンブレスレットが切れることがあります。

浄化をしていない

パワーストーンを浄化せずにいると、邪気が蓄積され、突然パンっとブレスレットのゴムが破裂音と共に切れることがあります。

願いが叶う前兆で切れる

悪運を落とし、毒出しすることで、パワーストーンブレスレットが切れよい方向へ進むことが多くあります。

また、願掛けして切れた場合などは、願いが叶う前兆でも切れることがあります。

偶然と言ってしまえばそれまでですが…。

お客様から頂いた報告ですと、試験の合格発表の前日にブレスレットが切れた。

妊活中、ストラップが切れて不吉です!とご質問を頂いていましたが、1週間後、授かっていた。

ブレスレットが切れて、1ヵ月後、営業成績で結果を出せた。などです。

ゴムの劣化で切れる

パワーストーンブレスレットのゴムの劣化、物理的な衝撃などで切れることがあります。

劣化が原因で切れたのか?の目安になります。

  • 弾力性がなくもろく、くたっとした感じだった
  • ゴムが伸びてビーズとビーズの間があいてしまっていた
  • 購入してから日時が1年以上過ぎていた
  • 透明のゴムが白濁して、伸縮性がなくなった。

ここに当てはまらない場合は、パワーストーンブレスレット(数珠)が身代わりとなり切れたと考えてよいと思います。

風水ストーンきらきらでは、パワーストーン1つ1つ、最適な浄化方法を行えるノウハウがあります。

その為、パワーストーンブレスレット(数珠)が身代わりとなり切れた場合でも、新たに付けることができます。

ブレスレット修理+邪気抜きの浄化メンテナンスも行っております。

 

パワーストーンブレスレット(数珠)が切れた、修理しても効果がある?

パワーストーンブレスレットが切れてしまい、「修理して使うか…処分するか…」で迷っていたら、気持ちは離れてしまっていると考えます。

処分して、新しいパワーストーンを迎え入れることをおすすめします。

ですが、パワーストーンブレスレットを修理したい!と思いここまでお読み頂いているのでしたら、修理しても効果があります!

修理するか?で迷っている場合は、修理したパワーストーンブレスレットを付けても、効果を感じる場面が少なくなるでしょう。

必要と思っている場合は、処分という考えが浮かんできません。

すぐ、修理して使いたい!と思うものです。

気持ちが離れるとは気が離れると考え、パワーストーンと人とのリンクが無くなると考えます。

それでも、修理か処分(手放す)かで迷った場合

一旦、バラバラになったパワーストーンを浄化しましょう。

水晶さざれ石の上に置いたり、浄化セットなど…好きな浄化方法でOKです。

そして、浄化が終わったら、机などの引き出しにそっとしまいましょう。(パワーストーンは暗い場所が大好きです)

これで、一旦気持ちを整理する時間を作ります。

後日、改めて「修理か手放すか」は、自分の気持ちの良い方を選択してください。

パワーストーンが残っている場合

まだ気が繋がり、パワーストーンとの縁がしっかりとあります。

処分しようかな…とまったく思ってもいなければ問題ありません。

修理しても、パワーストーンブレスレットとして効果を発揮してくれます。

パワーストーンをほぼ紛失無くなっている

新しいパワーストーンで新たなエネルギーを取り入れることをおすすめします。

パワーストーンがほぼ無くなっていることは、新たな気持ち、出発を意味します。

パワーストーンをブレスレットに修理して使うことをおすすめできません。

もう一度同じパワーストーンブレスレット(数珠)を購入しても大丈夫?

はい、大丈夫です。

目標の節目で、ブレスレットが切れてしまうことがありますが…。

自分が到達したい明確な目標があるときは、同じブレスレットを付けて、ひとつひとつ達成していくと◎。

パワーストーンブレスレット(数珠)が切れた、処分の方法を教えて?

パワーストーンは地球から生まれたものです。

パワーストーンブレスレットが切れてしまい、処分を考えたとき、自然に戻すことをおすすめします。

自然に返す方法

自然溢れる場所へ行き、「土に埋めるか」「きれいな川に流す」ことがとてもよい方法です。

注意:パワーストーンを自然に返すときには、ブレスレットのゴムは取り除いてください。

自宅で処分する方法

庭に埋める

自宅の庭に埋めても、敷地内では処分した意味になりません。自分の手元から放さないと意味がありません。

ゴミとして処分する方法

浄化粗塩150gを布とパワーストーンと一緒に包んで、ごみ箱(可燃)に捨てていただければと思います。

パワーストーンを手放す時の注意点

  • パワーストーンを手放し、処分する時は「ありがとう」と感謝の気持ちを心の中で唱える。風水的に言霊のチカラは重要で、とても良いことです。
  • 自然に手放す場合もできれば塩に浸けてから、手放すと良いです。