パワーストーン

シトリンの意味、効果、誕生石について専門化が解説

きらきら
きらきら
  • シトリンの意味や効果を知りたいな…
  • シトリンの誕生石の意味も知りたいな…
  • ついでに、石言葉や相性良い方位についても教えて欲しい!

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
  • シトリンってどんな石
  • シトリンの意味
  • シトリンの効果
  • シトリンの相性
  • シトリンの浄化方法
  • シトリンは11月の誕生石
  • シトリンの石言葉
  • シトリンの相性良い方位
  • シトリンの鉱物データ

記事の信頼性

私のパワーストーン歴は13年ほど。

風水ストーンきらきら、運営会員数4748人・販売実績15,456件を運営。

シトリンの気品がある輝きが好きです。

女性や自営業の方にピッタリの金運石。

気品があっていやらしくない、なんだかおしとやか。

こだわった、シトリンを使ったブレスレットも販売しています。

シトリンブレスレットを販売、本物効果を

シトリンの金運パワーは、他のパワーストーンと組み合わせると、相乗効果を生み出すのも魅力のひとつです。

ちょっと前置きが長くなってしまいました。

それでは、シトリンについて解説していきます。

シトリンってどんな石

シトリンは英語がCitrine、和名は黄水晶(きすいしょう)の淡い黄色やオレンジ色の天然石。

「シトリン」の名前は、フランス語のレモン、柚子(Citron)に由来します。

天然のシトリンは非常に稀少です。

ですので、流通しているほとんどのシトリンは、アメジストを熱処理して作られたシトリンとなっています。

アメジストを高温で900度まで加熱すると、シトリンを作ることができます。

シトリンにクラックが多い理由は、熱処理をしているからだったりします。

歴史

シトリンは何千年も前から人気がある宝石です。

古代ギリシャでは、装飾用のジュエリーとして人気を博していました。

古代ローマでも、貴族に非常に人気があり、シトリンに宝石彫刻をしたモノが普及しました。

産地

シトリンの主な産地は、ブラジル、ロシア、マダガスカル、コンゴです。

ちなみに、最も採掘量が多いのがブラジルです。

天然シトリンにこだわるなら、コンゴ産、ロシア産(ウラル山脈)の品質がよいです。

硬度

シトリンの硬度は7。

宝石の中でも硬く、耐久性があります。

ですので、日常使いをしても傷が付きにくく、欠ける心配もすることなく身につけることができます。

シトリンの意味

シトリンには「商売繁盛、心の浄化」ふたつの意味があります。

簡潔にいうと「豊かさ」を意味するパワーストーンです。

具体的な意味を解説します。

シトリンの意味

  • 商売繁盛
  • 心の浄化

商売繁盛

シトリンは、商売繁盛、富貴の意味があります。

古来ヨーロッパの貴族や富豪、商人に、富と繁栄をもたらす象徴の宝石として、好まれていました。

昔から、商売繁盛を呼び込む、おめでたいと大切にされてきたのです。

「商売が栄える」

商売繁盛、商売繁栄の意味合いが強いパワーストーンです。

心の浄化

心の浄化は「心に余裕が生まれる」を意味します。

「ストレスや不安を落ち着かせ、心も身体も磨かれる」

身体から悪運を出し、体内からしっかりと浄化させます。

悪運を取り除くことで、スッキリ開運体質へとなるわけです。

大らかな気持ち、気力、打ち勝つちからになってくれるパワーストーンです。

シトリンの効果

シトリンは「金運の効果」をもつパワーストーンです。

具体的な金運の効果は、「金運、貯蓄運」と「金運浄化」です。

お金に関する運の地盤をしっかりと固めてくれるパワーストーンです。

シトリンの効果

  • 金運、貯蓄運の効果
  • 金運浄化の効果

シトリンの金運の効果について、詳しく解説します。

金運、貯蓄運の効果

金毒(金運マイナス)を生じさせない、豊かな財運と金運エネルギーといえるでしょう。

無駄なお金の流れをなくし、財運、貯蓄運アップへと導く効果をもっています。

シトリンは、財を増やす。

運気を活性化させる効果に長けているといえます。

金運浄化の効果

シトリンがもつ金運浄化の効果は、お金に関する心のモヤモヤを緩和です。

スムーズな金運アップを促します。

「金運マイナスを浄化する、金運アップ体質」

心の不安や恐怖に押しつぶされると金運も上昇しません。

ですので、金運浄化の効果は、金運全般にいい影響を与えると考えるのです。

シトリンの相性

シトリンは風水で水と金の属性にあたります。

シトリンはパワーストーンの中でも、色々な効果と意味、特性があります。

その為、シトリンは金運、恋愛、財運など、高めたい運気によって、様々な相性を考えてなければなりません。

具体的なパワーストーンは下記になります。

シトリンと相性が良い石

シトリンと相性がよいパワーストーンは「水晶、ルチルクォーツ、ペリドット、アメジスト」です。

詳しい効果と意味は下記で説明しますね。

シトリンと水晶の相性

効果

【財運に繋げる力】【金の氣を増幅】【働く女性の強い運気アップ】

意味

シトリンの金の気を増幅さる意味をもちます。

金運、貯蓄運強化の意味合いがあります。

金運マイナスを流すので、金運の好循環を促す組み合わせです。

金運流れ星ブレスレット|シトリン+水晶はこちら

シトリンとルチルクォーツの相性

効果

【金運】【仕事運】【財運】

意味

金運の停滞、お金の縁が遠のいている、金運障害を乗り越える。

強い心をサポートしてくれるので、金運マイナスの原因になる、不の連鎖を浄化する意味があります。

シトリンとペリドットの相性

効果

【家族の財運、金運】【心機一転】【新たな門出】【子供の成長】

意味

家族の財運、金運や子供の成長運の意味をもっています。

新たな気持ちで、取り組むことができるので、組み合わせです。

結ぶ絆ブレスレット|シトリン+ペリドットはこちら

シトリンとアメジストの相性

効果

【金運力と財運力】【厄除け金運】

意味

金運力と財運力のシトリンと邪気を祓うアメジスト。

邪気は金運に大きなダメージを与えます。

特に厄年や悪い年が続いている方は、シトリンとアメジストを使って防壁するのが吉。

シトリンと相性が悪い石

シトリンと相性が悪い石は「ガーネット」です。

詳しく解説すると、ガーネットは火の属性でシトリンは金と水の属性です。

「水は火を消し、火は金属を溶かす」相剋の関係となり、相性が悪いと考えるのです。

シトリンとガーネットを組み合わせたい場合は、ペリドットや翡翠を組み合わせればOK。

相性が良くなり、しっかりとパワーを発揮してくれます。

シトリンの浄化方法

シトリンの浄化方法は、流水、月光浴、セージ、クラスターです。

適した浄化方法

  • 月光浴
  • ホワイトセージ
  • 水晶クラスター

おすすめの浄化方法

おすすめの浄化方法は、水晶さざれ石と月光浴での浄化方法です。

シトリンは、水晶と満月との相性がとても良いです。

具体的な方法は、「満月の夜に、水晶さざれ石の上にシトリンを置いての浄化」です。

満月の浄化の力と水晶の浄化、ふたつの浄化はとてもパワフルですよ。

注意点

太陽光の浄化方法には不向きです。

長時間での太陽光の浄化は、シトリンの色あせ、色落ちの原因となります。

手入れ方法

手のあぶらなどで汚れてしまった…。

温かいせっけん水で行えば大丈夫です。

具体的にいうと、ぬるま湯(30度ぐらい)を使用し、無添加石けん(天然素材)を使う。

もちろん、高温では行わないでくださいね。

シトリンは11月の誕生石

シトリンは11月の誕生石です。

1912年にアメリカ国立宝石協会で、11月の誕生石として決定されました。

シトリンの誕生石の意味

シトリンの誕生石の意味は「幸運の象徴」です。

11月の誕生月の方がシトリンをもつことで、「幸福と富を得る」を意味します。

具体的にいうと、「かけがえのない宝物を与えてくれる」です。

シトリンには、「富をもたらす」から「心と体が磨かれる」までを意味します。

シトリンを誕生石を贈る意味

11月の誕生月の人に、シトリンをプレゼントする事は「あなたの幸せを願っています」です。

具体的には、お金、健康、幸運を願うといった意味があります。

簡潔にいうと「幸せな生活」といった意味です。

プレゼントとして渡す時に「幸せな生活が送れるラッキーなストーンだよ」と、一言添えるのも良いでしょう。

シトリンの石言葉

【金運】【財運を呼び込む】【商売繁盛】【心と体が磨かれる】【幸福と富を得る】

シトリンはこんな方におすすめ

・金運と財運を強化したい方
・商売繁盛・商売繁栄、商売人の方に
・金運のマイナスを取り除きたい方
・打ち勝つ強さを持って行動したい方
・意欲的に前に進もうと決意されてる方
・財運の恵を得たい方
・心に余裕を与えたい方
・心も体も磨かれ、新鮮なエネルギーを得たい方

シトリンの相性良い方位

シトリンと相性の良い方位は西南です。

心身のゆがみを正すように、心を整え南西の方位に出掛けるのが吉。

しっかりと大地を踏みしめる感覚で、ウォーキングすることがポイントです。

大地の気をしっかりと取り込むことで、金運や商売繁栄の気はより高まります。

シトリンの鉱物データ

英名Citrine
和名黄水晶
硬度7.0
化学組成SiO2
結晶系六方晶系(三方晶系)
イエロー、オレンジ
産地ブラジル、ロシア、マダガスカル、コンゴ